マッサージの定義

ヘッドスパ、リンパマッサージ、足ツボマッサージ、フェイスマッサージ、按摩マッサージ、タイ古式マッサージ、エステマッサージなど日本国内には多種多様なマッサージが存在します。
手順や理念はそれぞれですが、すべてに共通しているのは手もみである事と、血行やリンパ腺の循環を良くする事により、疲れやストレスを解消してくれるものである事です。

このようにリラクゼーションとしての快感と同時に、治療効果も期待できる処から、手業を利用して手数料をいただくという行為に関しては、法律での規制も敷かれています。
マッサージの歴史は古く、最古の記録では紀元前のギリシャ時代にまでさかのぼりますが、今のように医療として体系づけられたのはフランスに渡ってからです。
日本式として按摩もありますが、国内では全体重をかけて若干体に痛みを感じる強さで行う行為というように定義されています。
マッサージが法的規制を受ける要因として治療に伴う施術や疲労回復がマッサージの目的であると定義つけられた関係もあります。
したがってエステやあん摩、指圧などによる民間施設に関してはマッサージという言葉は使えない事になりますが、実際は違法行為を繰り返す店舗が多い現状にあります。

法律ではマッサージの具体的な方法までは明記されていないからです。
しかし“肉体に痛みを伴う“とされている以上、身体に多大な損傷を与えてしまう危険をはらんでいる事も事実ですから、マッサージを受ける際には充分注意して施設選びをする方が無難です。
今回は、マッサージのコツは血行をよくする事にある事についてのお話です。



■特選サイト
血行やリンパの循環を良くマッサージを施術している会員制のメンズエステです --- メンズエステ